千鳥ヶ淵の桜

朝7時半の千鳥ヶ淵。こんな時間ですがスーツ姿で一眼レフを構えている人が結構いたりする。気持ちはわかります。僕はコンデジですけど。

 出張は嫌いじゃないですけど新幹線に乗るために通勤ラッシュ時間帯に都心に出なくてはいけないのが嫌で、ここ何回かは2時間くらい早く都心に出てきて新幹線の時間までぶらぶらしてみています。今回は運良く桜の時期に当たったので半蔵門で降りて千鳥ヶ淵北の丸公園を通って東京駅まで歩きました。皇居の北側半周分歩いたのか…。

さすが千鳥ヶ淵公園、というのか、平日の朝7時半ですがもう場所取りが始まっていました。

ザ・ジャパニーズお花見スタイル。なぜお花見の敷物は決まってブルーシートなのか。ずっと疑問だったのですが、写真を撮るようになると桜は鮮やかな青空をバックに撮ると映えるんですよね。つまりブルーシートは淡い桜色を引き立てるために採用されているのではないかと。ちがうな。